本文へスキップ

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事までを網羅!!

  • 給与と待遇/精神保健福祉士

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事の中身までを網羅!!

精神保健福祉士まるごとガイドへようこそ!!

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士を目指す方たち向けに情報をお送りするサイトです。
資格のとり方から仕事内容や仕事をする上での心構えなど、さまざまな疑問に答えられるように構成しています。
精神保健福祉士を目指そうとしている方たちの一助にでもなれば幸いです。

精神保健福祉士の給与と待遇

精神保健福祉士イメージ
精神保健福祉士の給与は、常勤職員として働く精神保健福祉士の給与レベルは、民間の社会福祉法人や精神科病院などどの施設に勤めても、ほぼ国家公務員に準じると考えてよさそうです。

都道府県庁の機関の相談員として採用された場合は、公務員となりますので、4年制大学の卒業の方とだいたい同じくらいだそうで、初任給で、17~18万円くらいだそうです。

精神保健福祉士として精神科病院や総合病院などの医療機関に就職した場合は、それぞれの病院や勤務状況によってかなり差があるようで、月給16~20万円くらい、年収で300万円~400万円くらいとなるそうです。

また給与の傾向としては、大きな総合病院などのほうが求人は多いようですが、支給される手当てが低いというデメリットがあることもあるようです。

また、小さな精神障害社向け施設やケアセンターの給与は、大きな施設や病院に比べ、収入は高い傾向があるようです。

また、精神保健福祉士としての資格手当てがつく職場とつかない職場もあるようなので、就職する際には、資格の手当てなども下調べをしておいたほうがよさそうです。

現在では精神保健福祉士の知名度が低いことから、「精神保健福祉士」という名前での求人募集は少ないようで、就職してもなかなか活躍の場がないという場合もあるそうです。

また精神保健福祉士の資格を、社会福祉士と合わせて取得する人も増えているようで、福祉に関する情報収集や分析、判断なども出来るという利点があり、その分資格手当てもつくので、収入アップを希望される方には、社会福祉士の資格も一緒に取ることがお勧めです。