本文へスキップ

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事までを網羅!!

  • 合格基準/精神保健福祉士

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事の中身までを網羅!!

精神保健福祉士まるごとガイドへようこそ!!

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士を目指す方たち向けに情報をお送りするサイトです。
資格のとり方から仕事内容や仕事をする上での心構えなど、さまざまな疑問に答えられるように構成しています。
精神保健福祉士を目指そうとしている方たちの一助にでもなれば幸いです。

精神保健福祉士試験の合格基準


第13回精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について

1 合格基準
次の2つの条件を満たした者を合格者とする。

(1)
ア 総得点156点に対し、得点73点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

イ 試験科目の一部免除を受けた受験者(精神保健福祉士法施行規則第6条)
総得点80点に対し、得点35点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。


(2) (1)のア又はイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては、
試験科目(ただし、精神保健福祉援助技術については、「一問一答問題」と「事例問題」をそれぞれ別個の試験科目とみなす。)16科目((1)のイに該当する者にあっては、6科目。)の各科目すべてにおいて得点があった者。