本文へスキップ

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事までを網羅!!

  • 情緒障害/精神保健福祉士

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士の資格のとり方から仕事の中身までを網羅!!

精神保健福祉士まるごとガイドへようこそ!!

精神保健福祉士まるごとガイドは、精神保健福祉士を目指す方たち向けに情報をお送りするサイトです。
資格のとり方から仕事内容や仕事をする上での心構えなど、さまざまな疑問に答えられるように構成しています。
精神保健福祉士を目指そうとしている方たちの一助にでもなれば幸いです。

情緒障害とは


情緒障害(じょうちょしょうがい)は、器質的問題はないにもかかわらず、情緒に障害があること。

心理的・環境的環境(虐待、いじめ、人間関係など)が要因と考えられ、心理的・環境的環境を取り除けば治癒または寛解するとされる。

詳しい原因は分かっていない。

自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、注意欠陥・多動性障害などは、脳の器質的問題が原因であるとされるため情緒障害には区分されない。

主な特徴として、次のような異常行動を起こしやすい傾向があると考えられている。

暴力や体罰を振るう
大声で怒鳴る
全速力で走り回る
障害物に突進する
障害物を飛び越える
障害物に飛び乗る
障害物をよじ登る
高いところから飛び降りる
物を投げる
道具を振り回す
暴飲暴食
器物損壊
ある一定の場所に居ることができない(多動)
など

この精神障害は、普通の精神障害とは違って、健常者と変わりがなく、児童相談所などで精神障害の検査を

受けても、陽性反応がでないまま診断されてしまうことが多く、見過ごされてしまうケースが多い。

また、世間でも知られていないことが多く、「子供のようなやつだなあ!」とか

「この人の親はしつけが悪いなあ!」などと世間から差別的な目で見られてしまうことが多い。